代表の思い

パッケージではなく、オーダーメイドにこだわる理由

『きみえセレモニーサービス』も、かつては他の業者様と同様に、パッケージプランの葬儀をご提案していました。パッケージというのは、ご承知のとおり、一般葬でも家族葬でも、金額別に葬儀に必要なものが一式となったプランですね。

ところが、長年にわたってさまざまな葬儀のお手伝いをさせていただくうちに、葬儀というものは、パターン化させるべきではないのかもしれない、という想いが強くなりました。

葬儀の準備をすすめるうちに、「できればこんなふうにしたい」という想いがわきあがってくるのは、ご遺族様にとって当然のことです。しかし、葬儀そのものが最初からパッケージとして組まれていると、「お葬式はやり方が決まっているのだから変えられない」という先入観からなかなか抜け出すことができません。また、それ以前に、「何もわからないから葬儀社に任せるしかない」とお考えの方がほとんどではないでしょうか。

大切な葬儀のお手伝いをさせていただくにあたり、私が一番つらいのは、ご遺族様が後になって、「もっとこんな葬儀ができればよかった」「実は、こんな送りかたにしたかった」と後悔されることです。

それならば、最初からパッケージという枠を無くし、必要不可欠なものだけをご用意して、あとは予算や希望に合わせてアレンジしていけばよいのではないか。

すべてがオーダーメイド。それが『きみえセレモニーサービス』の葬儀です。

無理のない予算を考慮したご提案

しかし、結婚式とは異なり、葬儀が必要となる時間はある日突然やってくることがほとんどです。心の準備をしていたとしても、実際にお別れを目の当たりにすると、何をどうすればよいのか、頭の中が真っ白になってしまう方がほとんどでしょう。

そんなときにこそ、葬儀社がご遺族様の代行という形で葬儀のご提案をし、すすめていくわけですが、ときとしてそれは、業者に言われるがままに進んでしまうことがあります。業者からオプションを提案されればそのまま受け入れてしまい、結果的に当初のパッケージ価格を大きく上回る金額を提示され、トラブルになるケースも増えています。

葬儀を行うにあたっては、金額も大切な決定事項のひとつ。予算のことをきちんと考え、予算内でできる限りの葬儀を行いたい、と考えるのは、ご遺族として当たり前のことです。そのためにも『きみえセレモニーサービス』では、金額的に無理のない葬儀のスタイルをご提案させていただいております。

葬儀は決して、「安かろう悪かろう」ではありません。また、お金をかければいい葬儀ができるとも限りません。たとえ少ない予算であっても、お客様主体の、満足のいく葬儀を作り上げていくことこそが、私たちプロの役目です。

考える時間のある葬儀を

亡くなったらすぐに葬儀をしなければならない、とお考えの方が多いかもしれません。しかし、葬儀を急いで行う必要などないのです。現在は、ご遺体の保存もしっかりできますから、亡くなってから1週間後に葬儀を行うことも珍しくはありません。

「急がなければ」という気持ちは、考える余裕を無くします。けれども、本当に希望に沿った葬儀を行うには、「考える余裕を持つこと」つまり、考える時間を持つことが大切です。

大きな病院で死を迎えると、病院に待機している葬儀社から葬儀の流れについて説明されることがあります。そこですべて葬儀社に任せてしまえば、確かにご遺族は何も考えなくてもよいかもしれませんが、逆の言い方をすれば、任せる=言いなりになる ことになってしまう可能性があります。

人は誰しも、大きな悲しみに直面すると、頭が真っ白になってしまいます。しかし、少し時間がたつと、必ず考える余裕、考えなければならない、という気持ちが生じます。葬儀社の仕事は、ご遺族様を急がせるのではなく、ともに考える時間を共有し、お気持ちをくみ取りながら、望まれる葬儀のご提案をさせていただくことであると、私たちは考えています。

「こんな葬儀にしたい」という具体的なイメージがあれば、もちろん遠慮なくおっしゃってください。しかしそうしたイメージは、潜在的なものであることが多く、ことに葬儀を前にした段階では、なかなか口にできないお客様がほとんどです。

だからこそ『きみえセレモニーサービス』では、自然な形でお客様と接する時間を多く設けるように心掛けています。葬儀について不安に思っていること、周囲との意見の相違、故人のこと、何でも私たちにお話しください。こうした何気ない会話のなかから、故人の好きだったことやご遺族の葬儀に対するお気持ちが明確になり、お客様の希望に沿った葬儀のためのヒントが生まれることも多いのです。

急ぐ必要はありません。時間をかけてお互いに信頼関係を築いていくことが、理想的なオーダーメイドの葬儀を形づくっていくことの第一歩となります。

形にとらわれないご葬儀に

葬儀の形はひとつではありません。この場所で行わなければならない、という決まりもありません。私たちはこれまでも、さまざまな形の葬儀のお手伝いをしてまいりました。自宅で、このくらいの規模で、こんな花を飾りたい、こんな演出をしたい……。そうしたご要望を、写真屋さん、花屋さん、音響スタッフといった専門の協力業者とともに形にしていきます。

金額、規模に関係なく、同じ思いを共有しながら、お客様にとって一番の葬儀をサポートできるネットワークを持つことが、『きみえセレモニーサービス』の強みです。

皆様へのメッセージ

大手葬儀社を退職し、『きみえセレモニーサービス』を立ち上げてから、2017年で8年目を迎えます。設立当初より、お客様の心に寄り添うサービス、低価格で実現させる理想の葬儀を第一に考え、形にしてまいりました。

故人を見送らなければならない葬儀は、誰にとってもつらいものです。しかし、だからこそ後になって「満足のいく形で送り出すことができてよかった」と少しでも感じていただけたら……。

『きみえセレモニーサービス』は、その想いを忘れることなく、最期のお別れのお手伝いをさせていただきたいと思っております。

タイトルとURLをコピーしました